みんカラカラコンのハーフ系でモデルみたいになりたい

みんカラカラコンのハーフが極めつけ

無理は承知な願望です。ハーフ系のタレントさんやモデルさんみたいになりたいってふと思いました。みんカラカラコンで叶うならいいんですが。ローヤルレンズにもありますがどっちがいいのかな。

ハーフへみたいになりたい自分はみんカラやローヤルレンズ

テレビや雑誌ではたくさんの女性ハーフタレントやハーフモデルが大活躍しており、そんな彼女たちの顔、特に吸い込まれるような瞳に憧れる女性は多いことでしょう。
私もその一人でした。そして雑誌に載っている日本人女性のハーフ顔メイクや、街の女の子を真似て、私も憧れのハーフ顔に近付こうと、カラコンを買ったことがあります。
しかし、カラコンさえ付ければ憧れの目元になれるというものではありませんでした。選ぶカラコンが重要なのです。私は最初、黒目が大きく見える黒いカラコンを買いました。確かにこれで目は大きく見え、顔は華やぎますが、生まれ持った日本人顔に変わりはありません。そこで、雑誌を読んで研究しました。

 

その結果、やはり最も手っ取り早いのは、ブルーやグリーンのカラコンを付けることでした。これだけで顔つきはかなり変わり、さらに髪の毛を明るくすれば憧れのハーフ顔に一気に近付きます。しかし、そこまで瞳の色をがらりと変えなくても、ハーフ顔になることは可能だということが分かったのです。それには、できるだけ色が薄く、そして縁なしのカラコンを付けることです。
このタイプのカラコンを選ぶことによって、より自然なハーフ顔になることができました。ヘアメイクなども研究して、憧れの女性に近付こうとすることは、女性として何よりも楽しいことでした。

 

さて、明確にブランド名を挙げるとしますと、当サイトでまとめておりますローヤルレンズです。使用期間がかなり幅広いですから、その中でどう選ぶかも楽しいです。
あとはみんカラでしょう。キングダムシリーズなら16mmのハーフ系カラコンもありますよ。

 

ちょっと露出が増えすぎてる感があるハーフさんのタレントですが、やはり独特の彫りの深さは私は昔から憧れています。
もちろん、日本人ですから、近づこうと思うとメイクでどうにか補うしかないんでしょうけど、そのコツがあるそうです。
雑誌でも特集くまれたり、ネットでノウハウを提供してくれる人がいたりします。
一見簡単そうに見えるんですが、いざ実践しようとするとこれがまたややこしかったりします。


ホーム RSS購読 サイトマップ